なんとなく、悪い予感はしていた。

そんな人も、多かったと思います。

病気って、怖いなと本当に思ってしまいました。

人の命をもぎとる病気。

助かる命と、助からない命。

元気な人の笑顔を奪ってしまう。

芸能人の人の中では、本田美奈子さんもそう。

あっという間に、訃報になった。

麻央さんは、もしかして治るかもしれないと、思いたい気持ちと、

もしかして、もう、どうしようもないのではの、悪い予感。

誰の人生にも、防ぎようのない運命がある。

麻央さんも、ちらっと予感していたかもしれない。

でも、その気持ちを飛び散らすかのような、笑顔。笑顔の裏では、どれ程、涙を流していたのかな。

子供達の為にも、なんとしても病気に勝ちたかったのではないのでしょうか。

俳優さんの、名前を忘れましたが、お姉さんに、頼む。

姉ちゃん、助けてくれ。の、記事を週刊誌で目にし、自分が死んでいくのではないかとの予感。

外れてほしい予感。

なんとしても、生きたい。

もっと生きたい。

やり残したことがある。

死ぬのは嫌だ。

頼む。助けてくれ。

そんな悲痛な気持ちを、ぶつけられて、何もしてあげられない。

助けてあげたいのに、助けてあげられないほうの、受け止める側の人間も、もの凄く辛いと思いました。

どれだけ泣いても、祈っても、叶わないものがある。

だから、今、生きられる人間は、大事にしてほしい。

今、生きているということを。天国から見ているかもしれない、生きられなかった人の魂が。

どんな風に、私達を見ているのだろう?

未練が残っているかもしれない。

諦められなかったかもしれない。

普通に生きられる事の幸せを、ふと考えさせられる、人の死によって。

私の人生が、残り、どれくらいかは知らないけど、大切に生きたいと思います。

笑顔で過ごしたいと思います。

きっと、長い短いかは問題ではないと思う。

その人間の死によって、どれくらいの影響が与えられたか、

残った人間の、人生をも変えてしまう出来事が、その人間の値打ちでもあったかのような気がします。

人の死によって、考えさせられる思いがあると思います。

その思いを、大切にしてほしい。

麻央さんのご冥福をお祈りします。

 

思い出しました。

俳優の、確か、今井雅之さんだったと思います。

癌で、手術もしたけど、亡くなった方です。

週刊誌で、今井さんが、お姉さんに、頼む。姉ちゃん、助けてくれ。と言ったと書いてあり、

言った方も、藁にも掴む思いだったと思うし、言われたお姉さんが、辛くて耐えられなかったんじゃないかと、察しました。